音楽現代2016年12月号(11月15日発売)

♪特集 大作曲家の系図〜その音楽はどこから来てどこへ行ったか

♪特別企画1 クラシック音楽界「ゆく年くる年」
♪特別企画2 武満徹 没後20年記念
♪特別企画3 シェイクスピアとオペラ〜ウィリアム・シェイクスピア没後400年記念

電子書籍は→こちら(立ち読みも出来ます)
価格 864円
送料 116円
発送方法 メール便
発売日 2016年11月15日

音楽現代2016年12月号(11月15日発売) 864 円(税込み) 数量個  

【ご注意】 この商品はメール便、その他配送方法で送られるため、代引き決済を利用することができません


♪カラー口絵
 ● サントリーホール 30 周年記念ガラコンサート
 ● 春日野音楽祭
 ● 大阪国際音楽コンクール
 ● 武満徹オーケストラ・コンサート

♪アートページ
 ● ASIA ORCHESTRA WEEK 2016
 ● 新国立劇場オペラ公演新制作ワーグナー「ワルキューレ」
 ● 2016 近藤晃司日本デビュー 20 周年記念ピアノ・リサイタル〜The "neuma"
 ● 「宇野功芳先生お別れの会」開催


♪特集 大作曲家の系図〜その音楽はどこから来てどこへ行ったか
 ● ヨハン・ゼバスチャン・バッハの場合(澤谷夏樹)
 ● モーツァルトの場合(海老澤 敏)
 ● ベートーヴェンの場合(平野 昭)
 ● シューベルトの場合(石多正男)
 ● ショパンの場合(青澤唯夫)
 ● ワーグナーの場合(吉田 真)
 ● ブラームスの場合(西原 稔)
 ● マーラーの場合(宮崎 滋)
 ● ストラヴィンスキーの場合(中村 靖)

♪特別企画 〈 1 〉 クラシック音楽界「ゆく年くる年」コンサート情報付
 ● 2016→2017 年末年始の注目コンサート(浅岡弘和)

♪特別企画 〈 2 〉 武満徹 没後20年記念
 ● 湯浅譲二、武満徹を語る(インタビュー&構成:石塚潤一)
 ● 「実験工房の作曲家」による20の作品(石塚潤一)
 ● 武満徹に関する2冊の本(石塚潤一)

♪特別企画 〈 3 〉 シェイクスピアとオペラ〜ウィリアム・シェイクスピア没後400年記念
 ● オペラ界引く手あまたの文豪(岸 純信)
 ● オペラになったシェイクスピアの名盤(野崎正俊)

♪インタビュー
 ● 林美智子(メゾ・ソプラノ歌手)
 ● 鈴木誉也(日比谷花壇シニアデザイナー)

♪ミニ・インタビュー
 ● 広田智之

♪プレビュー・インタビュー
 ● 小森邦彦・デルゲルマー

♪レポート
 ● 「仙台クラシックフェスティバル」レポート(取材・文=工藤一郎)
 ● ヨーロッパ音楽通信(4)「マニフェスト音楽祭Mani Feste」
          〜イルカムの主導で集中的に開催〜(水野みか子)

♪ミニ・レポート 他
 ● 桐朋学園大学学生によるランチタイム・コンサート
 ● 桐朋学園大学教授陣によるファカルティ・コンサート来るべき音「ロマン派の世界」
 ● 東敦子先生生誕 80 周年記念コンサート(以上、横谷貴一)
 ● サクソフォーン・クァルテットCD発売先行試聴会&Wine Party(梅井照夫)
 ● 神奈川フィル記者会見 2017―2018 シーズン定期演奏会ラインナップ発表、
                常任指揮者・川瀬賢太郎契約延長(横谷貴一)
〈バレエ・レビュー〉
 ● 三味線演奏とモダンダンスが作り出す和と洋の大きな可能性
    五世常磐津文字兵衛との初のコラボレーション「月に舞い 風に奏でる」(前甸明俊)

♪連載
〈海老澤敏〉 回想のモーツァルト〜モーツァルトとともに70年( 58 )
       〈モーツァルトとサリエーリの競演〉 我が国で三世紀ぶりの世界初再演 3
〈丹羽正明〉 「音楽批評家の仕事」49(最終回) 日本の音楽批評に望むこと
〈倉林 靖〉 「音楽と絵画」72 (最終回) 第 6 部 20 世紀―実験と激動の時代
       第 12 回 映像と音の交錯へ―ミニマルとそれ以後
〈工藤一郎〉 つながれ心、つながれ力 44 〜さらに次へ〜
〈西澤健一〉 ( 44 ) シーズン 4 〈 私立アレグレット學園 〉 No.9
      ショパン、スマイルを買う。の巻。
〈上田弘子〉 ★日比谷花壇×音楽現代コラボ連載★「日々♪花デンツァ」45(最終回)
     「始まりの終わり」
〈青澤唯夫〉 そうだ、モーツァルトを聴こう〈 23 〉
      ギーゼキング、リパッティ、フォルデシュ、E・フィッシャー、ハスキル

♪海外レポート
 ● イギリス通信 〈加来洋子〉
  「セヴィリアの理髪師」再演
 ● フランス通信 〈三光 洋〉
  カヴァッリ「エリオガバロ」、キリル・ペトレンコ指揮バイエルン州立歌劇場管
 ● ドイツ通信 〈中田千穂子〉
  STOB:シェロー演出R・シュトラウス「エレクトラ」
  ベルリンドイツオペラ/ボレマン演出「コジ・ファン・トゥッテ」
 ● オーストリア通信 〈山田亜希子〉
  フォルクスオーパー・ウィーン、オペレッタ《アクセル、天国の扉の前で》
 ● イタリア通信 〈川西麻理〉
  シャイー指揮ヴェルディ「レクイエム」
  ルイ・ロルティ ピアノ・リサイタル、クレモナQ
 ● アメリカ通信 〈上地隆裕〉
  ボブ・ディランとG・ドゥダメルの音楽と社会性、
  北米楽界次代のリードオフマンに浮上したカサド、他

♪ 2016 年 12 月のプレビュー、演奏会評、CD評、書評、告知板、その他