[ 書籍 > エッセイ・評論・その他 ページ 1 2 3 4 ]

雑誌・書籍一覧

CD・DVDで訪れる世界の名歌劇場
野崎正俊 著 A5判/320頁 定価2,500円+税[初版:2017年4月28日]


世界のオペラ界をリードする 10 大歌劇場。それらが誇る主要なレパートリーについて、
SP 時代の復刻版から現代の CD と DVD における必聴(必見)の名盤を紹介する。
2,700円(税込)
エッセイ 専務理事の独りごと
これを読めば今の音楽界が浮かび上がる!
金山茂人 著 4・6判/244頁 定価1,800円+税[初版:2017年2月25日]


(公社)日本演奏連盟専務理事の金山茂人氏が、
折りにふれて日本の音楽界、演奏家、音楽状況について感じたことを綴ったエッセイ集。


1,944円(税込)
エッセイ 各駅停車の音楽人
北村智恵・著
上製/四六版/274ページ 定価1,500円+税

「感性豊かな一人の『音楽人』が、日々丁寧に歩み、立ち止まり、
ありふれた光景や何気ない出来事の中に見出したものを平易な言葉と
リズムのある文体で書き記したエッセイ集。」(解説より抜粋)(音楽評論家/日下部吉彦)
1,620円(税込)
祈りは響く 京都・奈良を巡る音楽エッセイ
保延裕史 著
B6判/169頁 定価1,600円+税

“何よりもぼくは、全編を流れる眞摯な祈りの感情に打たれた。
これは一つの祈りの書である“
(本書「保延裕史さんのこと」より)
音楽評論家・指揮者 宇野功芳氏
1,728円(税込)
宝物をくれた人たち Vol.2―第8・ピアノのあいまに
関西ピアノ専門音楽学校 校長の山田忍さんの眼を通して見えたそれぞれの人物像を活写したエッセイ集。
1,944円(税込)
CDで聴くベルリン・フィル
野崎正俊 著
A5判/264頁 定価2,400円+税

歴代指揮者の名演で辿るベルリン・フィルの魅力!

ニキシュの時代に始まったベルリン・フィルのレコード録音は、フルトヴェングラーからカラヤン、アバドなどを経て現在のラトルに至るまで、歴代常任指揮者によって膨大な数にのぼる。
その多くはCD化されて今なお私たちの耳を魅了してやまない。
加えてこのオーケストラに多大な影響を与えた多彩な客演指揮者陣が残したCDを加えて、
今日世界に冠たるオーケストラに到達したベルリン・フィルの魅力を探るファン待望の書。
2,592円(税込)
[ 書籍 > エッセイ・評論・その他 ページ 1 2 3 4 ]